たばこ病とも呼ばれている慢性閉塞性肺疾患

階段を上ったり急な坂道を上ったりして息切れをしたりしませんか?風邪でもないのに咳が長く続いていませんか?苦しい状態が続くなら慢性閉塞性肺疾患の可能性もあります。喫煙者ならまずは禁煙!治療薬のチャンピックスをご紹介しましょう。

*

チャンピックスを使いたいのに病院へ行く時間がない人は個人輸入で購入可能

      2016/04/25

禁煙治療薬として高い成果をあげているのがチャンピックスです。飲むだけで簡単に禁煙をサポートすることができ、手軽に使える治療薬として注目されています。

ただ、チャンピックスは医師による処方が必要な医薬品ですから、手に入れる為には病院へ行かなければいけません。また経過具合によって、はしばらく継続しなければいけませんから、通院も必要になってしまうのです。

チャンピックスを使用したい人の中には、病院へ行く時間がない、わざわざ薬だけもらいに行くのは面倒、と感じる人もいますので、そのような時には個人輸入を活用して入手するのも良いでしょう。

時間も手間もかからない個人輸入

個人輸入は海外から取り寄せる方法であり、本来なら、医師による処方が必要な薬だろうと購入可能になりますから、チャンピックスを病院へ行かなくても手に入れることができます。

海外からの取り寄せになりますので、外国語の心配があるかもしれませんが、輸入を代行してくれる業者があります。日本語での表記となっているので、言葉の壁に阻まれる心配は一切ありません。なにより、一般の通販サイトと同じような感覚で購入できますので、安心して利用できるはずです。

個人輸入だと割安で購入可能

個人輸入をする場合は、割安で済むという良さもあります。

病院で処方をしてもらう場合は、価格が割高のことが多くなってしまいますが、輸入をする場合は、チャンピックス自体が安く販売されているので、割安に手に入れることができるのです。チャンピックスは、継続が必要になることもある薬ですので、割安で手に入れることができるのはメリットが大きいと言えるでしょう。

また、病院へ行けば必ずしも保険が利くというわけではありません。禁煙外来の場合、1度診察をしてチャンピックスを利用し、失敗して次もとなった時に、ある一定の期間は保険が利かないことになっています。そういった時にでも、個人輸入では何の問題もなくすぐ始める事ができます。

通院しないで治療薬を使っていいのか不安

個人輸入で入手した医薬品は、医師による診察や処方箋がないまま、独断で購入や使用はいいのかと疑問に思う人もいますが、法律でも禁止されていません。個人で使用する分には問題はありませんので、輸入をして禁煙に使おうとも自由なのです。

ただし、人にあげるようなことは禁止されていますので、購入者本人のみの使用ということが前提です。

また、医師の処方なくして利用する際には、全て自己責任になります。健康被害があっても、救済措置の対象にはなりませんの、利用については用法などきちんと確認をしてください。

個人輸入を手助けしてくれる代行サイト

個人輸入を利用する際には、輸入を代行してくれる業者を吟味して選ぶことも大切です。

海外から薬を輸入する際には、偽物のリスクがあります。チャンピックスだけに限らず、粗悪な偽物が届くといった被害も、実際に発生していますし、万が一偽薬を使ってしまうと、思わぬ健康被害に見舞われることもあるのです。そのような被害に遭わない為には、信用のできる代行業者を利用することが大事ですので、よく選ぶ必要があります。